防水工事

防水工事

雨漏りを防ぎ、建物の寿命を延ばす

建物は水に弱いので、10〜15年ごとに防水工事が必要です。


建物寿命を延ばすために、屋上や外壁をはじめとする建物外周を漏水からまもるための工事です。わたしたちは、現場状況に合わせた様々な防水工法に対応しています。

このページのトップへ戻る

スプレーウレタンの特徴

ウレタン防水工事

ウレタン防水工事 施工例ウレタン塗膜防水とは、主剤と硬化剤を混ぜ合わせたウレタン液を塗り重ねることにより防水層を形成していく防水工事方法です。 ウレタン特有の伸びとしなやかさを備え、シームレス(継ぎ目の無い)な仕上がりとなります。密着工法や脱気工法、遮熱工法等、様々な仕様に対応します。
近年では、主剤と硬化剤を混ぜあわせる必要のない高品質な一液性ウレタンや、超速硬化スプレーウレタンなど、新しいタイプのウレタン防水工事工法も使用されてきています。


シート防水工事

シート防水工事 施工例シート防水とは、塩化ビニール系などのシート(「塩ビシート」と呼ばれる)にボンドを塗布し貼り付けてゆく防水工法です。しかし最近では既存の防水層を撤去することなく、新たに防水層を作る絶縁工法が主流になっており、廃材の減量化、撤去費の軽減にも役立っています。
そして塩ビシートは燃えにくい性質と自己消火性を持っています。 屋上防水によく使われる防水工事で、施工しやすい工法といえます。 定期的にトップコートを塗り替えることにより、長期間の防水性を得ることができます。


FRP防水工事

FPR防水工事 施工例

FRP防水とは軟質ポリエステル樹脂に硬化剤を添加した溶液をガラスマットに浸透させることで防水層を作り上げていく防水工事方法です。とても強固で耐水性、耐食性に優れ、衝撃にも強い防水工法といえます。


アスファルト防水工事

アスファルト防水工事 施工例

アスファルト防水は最も歴史のある防水工事方法で、「塗る」と「貼る」を合わせた防水工法です。
液状の溶融アスファルトと防水性の高いアスファルトシートを積層して、厚みのある防水層を作ります。
アスファルト自体を熱して施工できる改質アスファルト工法や、高熱による悪臭を防ぐ冷工法などの種類もあります。


このページのトップへ戻る

スプレーウレタン防水工事の流れ

  1. アスファルト冷工法 施工前
  2. アスファルト冷工法 施工後
  3. ウレタン 施工前
  4. ウレタン 施工後
  5. アスファルトトーチ工法 施工前
  6. アスファルトトーチ工法 施工後
  7. 塩ビシート 施工前
  8. 塩ビシート 施工後

このページのトップへ戻る